身体面への効果


健康のためにフィットネスを行うには、具体的にどのような効果があるのでしょう。アメリカスポーツ医学会では、体脂肪率と心肺機能、筋力や筋持久力、柔軟性を健康に関連する指針として定めていて、これらを向上させることもフィットネスと呼んでいます。

日常生活には筋力が必要です。ボディビルダーのような筋肉ではなく、階段の上り下りや歩行中の転倒防止など、日常生活を安全に不自由なく送るための筋肉です。さらに、筋力アップすると基礎代謝が向上して痩せやすく太りにくい体になったり、血流も良くなり冷え性や肩などのコリも改善されるなど多くの効果があったりします

バイク脂肪燃焼に役立つ有酸素運動も大切です。有酸素運動と無酸素運動をバランスよく行うことで、体脂肪率の減少や、高血圧など生活習慣病の原因の一つである運動不足や肥満の解消、体力や抵抗力の向上、心肺機能の改善など多くの健康的な効果が得られます。有酸素運動のあとに無酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果が高まります。両方を組み合わせたバイクエクササイズやボクササイズなどさまざまなプログラムもあります。

フィットネスの効果である筋力アップなどはQOLの改善や維持に役立ちます。年齢や性別に関係なく自分のレベルで無理なく始められるフィットネスで、健康で良質な生活を送りましょう。

 

ストレス発散の効果

人間は日常生活で多くのストレスに晒されています。ストレスは生活習慣病の原因の一つとしてあげられるほど、体への影響があるのです。ストレス発散方法として運動しようという内容は広告やメディアで多く見かけます。フィットネスがストレス発散に効果的といわれるのはなぜでしょう。

運動体を動かすことで脳からセロトニンという神経伝達物質が発生します。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、精神を安定させる機能があります。不安を抑え前向きな気持ちでいられたり、平常心が保てて怒りにくくなったり、気分がスッキリして集中力がアップするなどの効果があります。自律神経を整える効果もあるので、体を動かすことで夜の睡眠の質も向上します。うつ病の治療ではセロトニンを増加させる薬が処方される程、メンタルヘルスにとって重要な物質がフィットネスを行うと自然に分泌されます。

エンドルフィンという神経伝達物質も高揚感に影響しています。エンドルフィンは別名「脳内麻薬」と呼ばれています。受けた苦痛を緩和させるために分泌され、鎮痛効果とともに高揚感や多幸感をもたらして、運動中に気分がよくなる効果があります。

一つのことに打ち込んでほかのことを考えなくなる、気晴らしの効果もあります。フィットネスは身体面の健康だけでなく、ストレス発散など精神面の健康維持にもとても効果的といえます。

Comments have been closed/disabled for this content.